美空間ブログ

お知らせ、最新情報、日常の雑感などをお届けします。

使いやすいキッチンの配置には、作業動線の考え方が大切です。
キッチン設計では、特に動線計画と収納計画が作業のしやすさに影響をあたえます。

大理石には「天然大理石」「人造大理石」「人工大理石」とありますが、使い込むほどに風合いが出てくる「天然大理石」がおすすめです。

竹炭入り清活畳

2024年04月06日

「清活畳」は、畳の中に手作業で竹炭をたっぷり入れ込んであります。
竹炭の量は、六畳二間でドラム缶一本分の量です。だからこそ、竹炭の持つ「保湿・断熱」「消臭」パワーを、そのまま畳で実現できたのです。

数年前ですが、花粉症研究の第一人者である埼玉大学大学院の王教授が日本花粉学会において、「幻の漆喰」「ピュアケアウォール」の商品について「花粉症の原因物質となる花粉アレルゲン濃度の低減効果」が発表され、学術的に高い評価を受けました。

木は伐採されてもその細胞は生きています。 しかし、50℃以上になると木の細胞は完全に死滅してしまいます。 生きている木が最もリラックスできるのは、38℃前後と考えられています。

昔から日本の住宅に使われていた漆喰の塗り壁は、高度な左官技術と壁が乾くまで時間を要することから、施工しやすく安価で工期を短縮できるビニールクロスが普及してきました。